マイナチュレ

マイナチュレの育毛サプリについて

更新日:

マイナチュレサプリとは?

体に良いサプリ
レッドビジョン株式会社が女性用育毛剤マイナチュレのブランド商品として発売したのがマイナチュレサプリ。様々な栄養素をバランス良く配合したオールインワンサプリです。

体に負担をかけないよう、合成着色料、合成保存料、防腐剤、防カビ剤、酸化防止剤、合成香料、甘味料、酸味料、乳化剤、膨張剤、光沢剤、増粘剤、安定剤、発色剤、結着剤、ゲル化剤の16種類の添加剤は全く使用していません。

配合されているのは、普段の食生活で不足しがちなものばかり。よもぎ、ウコン、ハトムギ、アマチャヅル、オオバコ、イチジクの葉、桑の葉、ルイボスなど、109種類に及ぶ植物酵素エキスをはじめ、シスチン、天然タウリン、メチオニンなどのアミノ酸が体調を整え、髪のボリュームをアップします。

さらにカプセルにもこだわり、トウモロコシのでんぷんを黒酵母により発酵させた成分プルランをゼラチンの代わりに使用。酸素透過性が低いため、酸化から内容物を守ります。

マイナチュレ育毛剤同様、モンドセレクションでもその品質が認められ、銀賞を受賞しています。

マイナチュレサプリでは効果の出ない症状

マイナスな出来事
マイナチュレサプリは、シスチン、ケラチン、ミレッドエキス、メチオニンなど、毛髪の原料となる成分はもちろん、植物酵素エキス(109種類)、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの健康維持成分、さらにコラーゲン、ヒアルロン酸、椿種子エキス、ビタミンCまで配合したオールインワンサプリ。

多種に渡る配合成分で健やかな育毛効果が期待できるのですが、実はその効果が出ない症状も存在します。

それは、FAGA型(女性男性型脱毛症)の場合です。

「女性男性型」と聞いて、どういう意味なのか首をひねられた人もいるでしょう。

もともとAGA型(男性型脱毛症)というものがあり、それは男性ホルモンによって生じる脱毛症を指します。

これは男性特有の脱毛症といわれているのですが、女性の体内でも男性ホルモンが優位になった場合、脱毛症が引き起こされるケースがあります。

これがFAGAなのです。

更年期にさしかかった女性がホルモンのバランスを崩した時に生じやすいのですが、最近では結婚後も仕事を続ける女性が増え、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなどによって30代でも発症することが多くなっています。

このFAGAの場合は、男性ホルモンの分泌を抑える治療が必要となります。

マイナチュレサプリにはそのような成分は入っていないので、FAGAの人は別の処方薬を服用されたほうが賢明です。

マイナチュレサプリの配合成分

成分を知りたい

ケラチン

18種類のアミノ酸が結びついてできたタンパク質で、実はこのケラチンこそ、髪の毛を構成する主成分。

髪の毛を燃やすと独特の異臭がするのも、ケラチンの中の硫黄成分のせいです。

ケラチンが不足すると髪が細くなったり、成長が遅くなるので、食事・サプリなどでの補給が欠かせません。

ミレットエキス

雑穀のキビなどから抽出されたエキスで、大昔から「飲む育毛剤」などとも呼ばれてきました。ビタミンB1、B2、B6、亜鉛、カルシウム、ナイアシン、アミノ酸などが豊富で、なんといってもシスチンという髪に欠かせないアミノ酸を含んでいる点が育毛効果をもたらす要因となっています。

マイナチュレへのみんなの口コミはこちら

-マイナチュレ

Copyright© 本当に効いた!マイナチュレの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.